司学館高等学校

司学館高等学校は、滋賀県と京都府在住の方が勉強できる、
通信制・単位制・普通科の高等学校です。

トップページ ≫ 司学館高校の学び ≫ 学習の進め方

学習の進め方

単位を取るためには?

単位をとるためには

レポート、
スクーリング、
テスト。

司学館高等学校は「通信制」の高等学校です。
通信制の高等学校は、レポート、スクーリング、テスト。 この3つで単位を修得していきます。







レポートとは

添削指導とも呼びます。宿題プリントのようなものと考えてください。 見た目はテストのように、問題と解答欄があります。学期の始めに全てお渡しします。

科目ごとに枚数が決まっており、自分で教科書で勉強しながら記入し、期限までに提出します。

5段階評価で、一番下の評価なら不合格ですが、期限内であれば再提出が可能ですので、合格するまでチャレンジできます。

レポートなどで分からないところがあれば、先生に質問してくれれば、分かるまで丁寧に教えます(別途費用は必要ありません)。

スクーリングとは

司学館の授業風景

面接指導とも呼びます。いわゆる普通の学校の授業のように、登校して先生の授業を受けます。
科目ごとに授業回数が決まっており、所定の出席時間数をクリアすれば合格です。

登校日は週1回、水・木・土のうち、いずれかの登校コースを選択していただきます。 (学期初めに選択した曜日を学期途中で変更することは出来ません。)

また、都合により授業に出席できなかった人のために、期末に集中授業(予備の2回目の授業)の期間を設けていますので、仕事や病気で欠席してしまった生徒にも皆勤賞のチャンスがあります。



司学館高校のスクーリングの特徴

司学館高等学校のスクーリング(授業)は、一授業あたりの生徒は20名前後です。
また、スクーリング時には様々な特性の生徒に配慮した「授業ごとの座席指定」を行っており、生徒全員ができるだけ授業に集中できる環境を目指しています。

少人数・座席指定のメリット

■ 大人数が苦手な生徒でも
     比較的落ち着いて授業が受けられる。


■ 周りにつられて雑談したり
     ふざけてしまう生徒も、
     きちんと授業が受けられる。


■ 生徒全員に教員の目が届き、
     ひとりひとりのフォローが出来る。


テストとは

学期末には、履修した科目の学習成果を計るテストがあります。テストに不合格だった生徒、都合により欠席した生徒には「追再試験」を設けています。

※集中授業、及びテスト期間は、当初選択した曜日以外にも登校しなければならない事があります。また、特別活動、一部の選択科目・総合学習(総合的な学習の時間)など、水・木・土以外の曜日の登校日もあります。



> 次ページ 「科目履修とは」 へ